シーリング工事

■シーリング工事の重要性

サイディング外壁にはシーリング工事が必ず必要です。
建物の年数が経過し、最初に傷みだすのがシーリング箇所。
環境にもよりますが、シーリングは5年~7年を超えたあたりから、ひび割れ・痩せ・剥離などの現象が現れはじめます。

シーリングの傷みを放っておくと、建物の劣化を加速かせて寿命を縮めてしまいかねません。
雨水の浸入を防ぎ、外壁の揺れを緩和するという重要な役割を担っていますので、傷みの症状を発見した際は、お早めにシーリングの打ち替え・増し打ち工事をご依頼ください!

黒子塗装では、作業の前に劣化箇所の状態を確認し、補修工事に至った原因までしっかりと調査いたします。
建物の状況に応じて、日当たりが良く特に傷みやすい箇所などを把握し、施工ではその部分を重点的に補強するなど、以前よりも長持ちするシーリング工事をお届けすることが可能です。

 

■シーリング工事の種類

○増し打ち
既存のシーリングの上から、新たにシーリング材を充填。
劣化症状が比較的軽度の場合は増し打ちで対応できますが、状況によっては打ち替えをオススメする場合があります。

○打ち替え
既存のシールを一度キレイに撤去。
そこへ新たにシール材を充填します。
増し打ちに比べ、旧シーリングを撤去する手間が発生しますので若干料金が高くなりますが、確実に耐久力を復活させることが可能。

 

■シーリング劣化の症状と対策

「シーリング材と外壁の間に隙間ができる(剥離している)」
                 ▼
【原因】
・プライマー(接着剤・下塗材)の塗りムラやプライマーの塗り忘れ。
・地震や熱膨張による外壁の動きに、シーリングの接着強度が耐え切れなかった。

【対策】
・次回の打ち替え時にプライマーをしっかりと充填。

「シーリング材の真ん中から断裂している」
                 ▼
【原因】
・シーリング材の劣化や寿命。

【対策】
・打ち替え時に、より耐久性の高いシーリング材を選ぶ。

「シーリング材が削れ、下地部分が見えている」
                 ▼
【原因】
・シーリング材の厚み不足。

【対策】
・増し打ちで厚みを確保。

「シーリング材が欠落している」
                 ▼
【原因】
・プライマー不足。
・シーリング材の選定不足。

【対策】
・打ち替え時にしっかりとプライマーを塗り、耐久性の高いシーリング材を使用する。

【代表直通】070-4467-0045
【会社固定】0280-33-7263
【FAX】0280-33-7267
【受付時間】8:00~17:00/日曜休み
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】古河市を中心にその他近郊エリア (その他エリアはお問い合わせください)

一覧ページに戻る